首都圏を中心にECOを配慮したリサイクル eco creater 株式会社 渋谷商店 ISMS_ANAB_JIPDEC

TEL:047-358-2221【受付時間】 平日 9:00 ~ 17:00

お問い合わせ

機密文書破棄CONFIDENTIAL DOCUMENTS

メイン画像

手軽でローコストなのに、ローリスク。渋谷商店では機密文書の破棄を溶解リサイクル処理します

機密文書破棄画像

株式会社渋谷商店は、お客様からお預かりした機密書類の箱を未開封のまま溶解処分するので、カンタンリサイクル!
そのまま溶解することで手間がかからないので人件費の削減につながり、さらに書類は100%リサイクルされるので、会社にも地球にも優しいリサイクル方法といえるでしょう。 気になるメリットはこちら!

機密文書溶解リサイクル処理に出してもいいもの・ダメなもの

機密文書を故紙として利用することで森が守られ、環境保全につながっていきます。
皆様が出してくださった大事な機密文書がより無駄なく紙にリサイクルされるために、下記の〇印の状態までの書類搬出をお願いいたします。
紙の比率が高いほどトラブルが少なく、紙の品質も向上します。
そのため、下記△・×印に相当する品があらかじめ混入される事が判明した場合には、処理をお断りする可能性もございますのでご協力をお願いいたします。

出してもいいもの・ダメなもの例

紙製バインダー、紙製ファイルの場合、金属部分は機械的に除去が出来ますので、そのまま投入していただいて結構です。
※原則としてプラスティック製のバインダー、ファイルにつきましては混入不可となります。

・カーボン紙(宅配伝票の複写紙等) ・感熱紙(レシート用紙など)
※大量の場合には事前にご相談ください。

×

・文房具 ・CD ・ビデオテープ ・クリアファイル ・写真 ・香りのついた紙 ・減菌紙
・感熱性発砲紙(点字資料、点字教本など)・レントゲン写真、シネフィルム(医療関係)
・昇華性転写紙(アイロンプリント紙、詰め物等)

こちらについては、トラブルの原因になりますので、混入を禁止とさせていただきます。
ご協力をお願い致します。

機密文書の内容物(注意点)について

機密文書は「原則未開封」にて処理をさせていただきますが、一部のお得意先様で最近特に【異物混入】が目立ちます。
異物が混入することにより、弊社お得意先様にご迷惑がかかります。 再三にわたり注意喚起をさせていただいておりますが、場合によっては以下の対応をさせていただきますので、ご了承をお願い致します。

  • 1. 現場においてお預かりしたお荷物に違和感を覚えた場合、開封・確認作業をさせていただきます。
  • 2. 荷物の積み込みに際し、安全性確保のため、中途半端な状態の荷物については、弊社従業員の判断により現場対応をさせていただきます。
  • 3. 異物混入などにより、弊社及び機密文書処理先様に損害が生じた場合、被害の大きさを鑑みてお取引停止・損害賠償請求となる場合もございます。ご注意ください。

上記内容につきまして、お願い申し上げますと共に、ご協力いただきますようお願い申し上げます。

機密文書溶解リサイクル処理の流れ

STEP
1
お問い合わせ・ご依頼

おおよその量や回収希望日などヒアリングをもとに、お見積り・スケジュール調整させていただきます。製紙メーカーの溶解炉を使わせていただくため、製紙メーカーの都合に合わせていただく場合もあります。

STEP
2
機密文書の回収

当社スタッフが、機密文書を回収します。
製紙原料としてリサイクルいたしますので、リサイクルできない禁忌品(上記参照)は取り除いておいてください。
トラックに積み込み時、積込みしやすい場所に出してください。

STEP
3
溶解リサイクル

箱を開封せず、製紙メーカーにて溶解処理され、新しい紙に生まれ変わります。

STEP
4
『溶解証明書』の発行

必要に応じてメーカーが発行する『溶解処理証明書』をお渡しさせていただきます。